うさぎさんとモフモフな日々

うさぎ歴15年。うさぎさんとの生活について発信しています。たまに飼い主のことも。。。

うさぎの神経系の病気を知ろうー中耳炎・内耳炎・エンセファリトゾーン後半

うさぎの神経系の病気を知ろうー中耳炎・内耳炎・エンセファリトゾーン後半

うさぎの神経系の病気を知ろうー中耳炎・内耳炎・エンセファリトゾーン後半

こんばんは!

昨日に引き続き、うさぎの神経系の病気についてまとめていきます。

www.usagitokurasu.blog
今日は、うさぎの神経系の病気を引き起こす、中耳炎・内耳炎・エンセファリトゾーンについて、詳しく解説していきます。

目次

うさぎの中耳炎・内耳炎とは?

www.usagitokurasu.blog

中耳炎や内耳炎は、ペットのうさぎに多く見られる病気で、原因は細菌感染によるものが一般的です。

外耳の感染が、鼓膜を通じて、中耳や内耳へ波及します。

内耳の顔面神経の障害を起こすと、顔面神経麻痺を起こしたり、頭蓋骨内に波及すると、斜頸、眼振を起こしたり、最悪の場合突然死の可能性もあります。

鼻炎や副鼻腔炎などの気道疾患から耳管咽頭口(口から耳につながるところ)、耳管を通して、二次的に前庭障害を起こすことがあります。

また、ロップイヤーは、耳が垂れているので湿気がこもりやすく、外耳炎を引き起こしやすいです。

耳ダニ症から、中耳炎や内耳炎を引き起こすこともあります。

症状

感染の重篤度と、その広がり方により症状は異なりますが、主に下記のような症状が見られます。

  • 食欲低下や歯ぎしりを事前に発症することがある
  • 斜頸、頭を振ったり、耳を掻いたり、耳を下げたり、ケージの床を掘るなど
  • 耳の紅斑、白色クリーム状の分泌物、耳道が腫れる
  • 顔面神経麻痺(顔面の非対象、瞬き不能、目脂)
  • 聴覚障害

しかし、外耳の分泌物が必ずしも、中耳炎だとは言えません。

538羽のの死亡解剖で、38%が中耳炎を発症していたが、生前に明らかな臨床症状はなかったというデータがあります。

脳に波及すると、突然死することもあるので注意が必要です。

診断

実は、中耳炎の生前診断は難しいと言われていますが、診断方法としては下記の二つが有用です。

  • X 線検査にて鼓室胞(頭に二つある)の評価
  • CT 検査

治療

  • 抗生物質
  • 炎症を鎮めるためのステロイド(長期投与は推奨されない)
  • ヒトの乗り物酔いに使うめまい薬
  • 外科的治療

外科的治療として、外耳道を切開して膿を出す手術をすることもあるが、あまり日本では一般的ではありません。

手術は、根治に至らないこともあり、術後に斜頸をより悪化させる可能性があるからです。

エンセファリトゾーンとは?

エンセファリトゾーンとは?

エンセファリトゾーンとは?

エンセファリトゾーンとは、微胞子虫の仲間です。

かつては原虫に分類されていましたが、現在では菌類(カビなどの真菌)に近いとされています。

エンセファリトゾーンには、いくつかの種類がありますが、うさぎに感染するのは「encephalitozoon cuniculi」といううさぎ専門の菌です。

エンセファリトゾーンは、実験用マウスと猿、犬、霊長類、及びヒトで発生することが分かっています。

どうやって感染するの?

エンセファリトゾーンに感染したうさぎが、感染から6ヶ月後に尿中にある胞子を排出するので、その尿を経口摂取することで他のうさぎに移ります

親子の間でも感染し、子宮内で赤ちゃんの水晶体に入り込み感染します。

感染後30日は、中枢神経系には行きません。

感染例のほとんどは無症状で、免疫が低下することで発症することがあります。
例えば、ストレス、衰弱、老齢、投薬中のうさぎなどに発症する可能性があります。

ただ、うさぎのエンセファリトゾーンが、どの程度神経系疾患の原因になっているかは、今だ議論が絶えないようです。

データによると、アメリカやヨーロッパでは約80%、日本では75.2%がエンセファリトゾーンに対する抗体を持っているそうです。

症状

エンセファリトゾーンの感染により細胞が壊れることで、炎症が引き起こされます。
この炎症により、下記のような様々な症状が引き起こされます。

  • 肉芽種性脳炎
  • 脊髄神経根炎
  • 斜頸
  • 眼振
  • 痙攣
  • 運動失調
  • 食欲不振
  • 若齢うさぎの白内障
  • ぶどう膜炎
  • 緑内障
  • 前房蓄膿
  • 腎不全

診断

抗体検査があるが、エンセファリトゾーンの裏付けにはならないとされています。

治療

  • 抗微胞子虫薬

フェンベンダゾールを約1ヶ月投薬すると、体内のエンセファリトゾーンは死ぬとされています。

  • ローリングや頭部斜頸などの重篤な前庭症状がある場合

抗痙攣薬、めまいの薬、ステロイド

うさぎはステロイドにとても敏感とされていますので、その使用に関しては賛否両論があります。

ステロイドは、炎症を鎮めるために使用することはあるが、免疫が落ちるので細菌が活性化する恐れがあります。

ローリングするうさぎへの治療

ローリング(ぐるぐる回ってしまう)するうさぎには、薬が効かない可能性があります。

そのようなうさぎには、体を固定してしまうと回復を遅らせることがあるので、適度な運動が有効だとされています。

例えば、滑らない床で毎日数回、10分から30分程度、補助をしながら運動をさせてあげると、立ちあがることが出来るようになることがあります。

神経系の病気のまとめ

中耳炎、内耳炎、エンセファリトゾーンの鑑別は非常に難しいので、こちらの病院での治療は、中耳炎・内耳炎・エンセファリトゾーン全てをターゲットにして治療するそうです。

神経系の病気は、発症から時間の経過とともに重篤化することが多いので、眼振や斜頸の症状が出たら、1日でも早く病院に連れて行くことが大切です。

ただ、よくなることもあれば、残念ながら突然死することもあります(特に中耳炎)。

まとめ

以上、うさぎの神経系の病気である、中耳炎・内耳炎・エンセファリトゾーンについてまとめました。

参考になれば幸いです☆