うさぎさんとモフモフな日々

うさぎ歴10年。うさぎさんとの生活について発信しています。たまに飼い主のことも。。。

化粧水のつけ方を見直したら、お肌の調子が良くなってきました。

こんばんは(^-^)

 

今日は飼い主ネタです。

ここ1年くらい、お肌の調子が悪く基礎化粧品を色々試してきました。

先日もこのテーマで記事を書きました。

 www.usagitokurasu.blog

 

この記事でアクセーヌのトライアルセットを使いとてもよかったのですが、気になっていたDICENCIA(ディセンシア)という基礎化粧品のトライアルを試して良かったので、アクセーヌと迷いましたがDICENCIA(ディセンシア)の現品を購入しました。

 

ディセンシアもとてもいいのですが、やはり時々赤くなってかぶれることがあります。

そこで、もしかして、つけ方が悪いのかも?と思うようになりました。

 

ヒントは基本的な事にあったかもしれない

お肌を触りたくないと思うくらい敏感になっていた時、ふと力を抜いてみたんです。

洗顔もこすらず力を入れない、化粧水からクリームまでも力を入れず、そっと押さえるつけ方でやったんです。押さえる時は手のひらで温めてからお肌に乗せて押さえます

指を使ってスライドさせる時は、人差し指は力が入ってしまうので、中指か薬指でお肌に触れるか触れないかくらいの距離でそっとスライドさせました。

 

ところがこんなちょっとしたことで、お肌がだいぶ良くなってきました

今までも力を抜いていたつもりでしたが、まだ力が入っていたようです。

もちろんアラフォーという加齢によるお肌の変化もあると思うので、今までのやり方が合わなくなってきたんですよね。

今までは多少力を入れても、こすっても大丈夫だったお肌が、加齢により敏感になってきているようです。

 

まとめ

化粧品をほんの少しの工夫でお肌の調子が良くなってきてびっくりしています。

もちろん製品選びも大切ですが、つけ方も気をつけなければいけませんね。

力を抜いて、こすらず、そっと押さえる、指を使う時は中指か薬指を使うことに気をつけたいと思います。