うさぎさんとモフモフな日々

うさぎ歴10年。うさぎさんとの生活について発信しています。たまに飼い主のことも。。。

うさぎの冬の寒さ対策 

うさぎの冬の寒さ対策 

うさぎの冬の寒さ対策 

こんばんは(^-^)

もう11月も半ば。

ここ1週間くらいで急に寒くなった地域が多いのではないでしょうか。

うさぎさんは、毛皮を着ているから冬には強いんじゃない?と思われがちです。
しかし、野生のうさぎさんと違って、ペットのうさぎさんには冬に向けての寒さ対策が必要になります。

先日我が家の暑がりのうさぎのつきにも、夏のクールボードを片づけて冬用のマットを出したり徐々に寒さ対策をしていましたが、本格的な寒さに向けて対策をしました。

www.usagitokurasu.blog

今回は、うさぎの冬の寒さ対策についてまとめていきたいと思います。

目次

うさぎと寒さについて

うさぎと寒さについて

うさぎと寒さについて

うさぎは、暑さに比べれば寒さには比較的強いと言われています。

私たち人間の体には、脂肪を燃やして熱を作り体温をあげることが出来る「褐色脂肪細胞」というものがあります。

しかし、うさぎには褐色脂肪細胞がないので、寒さを感じると震えによって体を暖めようとします。

震えによって体を暖める効果は、短い時間であれば有効であると言われています。
しかし、寒い日が続けばそれだけ体力が消耗し、何らかの病気を発症する可能性が出てくるのです。

うさぎに適した室温と湿度は?

うさぎに適した室温と湿度は?

うさぎに適した室温と湿度は?

うさぎに適した室温は18度から25度、湿度は40から60パーセントと言われています。

(夏は、室温20度から23度 湿度50から60%、冬は、室温18度から20度 湿度40から60%を目安)

うさぎは比較的寒さには強いとも言われていますが、ネザーランドドワーフなどの立ち耳うさぎと比較したら、ホーランドロップイヤーなどの垂れ耳うさぎは確かに寒さには強いかもしれません。

それでも、日本の寒い冬はエアコンなどの暖房器具でお部屋を暖めてあげることが必要になってきます。

湿度に注意!

うさぎの為に、室温には気をつけて、暖房器具で部屋を暖める飼い主さんは多いと思います。
しかし、エアコンなどの暖房をつけると湿度が極端に低くなります。

我が家も最近は湿度計を見ると、だいたい30%台になっています。

うさぎにとって、湿度が高いのは良くないのですが、実は低すぎるのもあまり良くありません。

湿度が低すぎると、人間は肌が乾燥しますが、うさぎにとっても目が乾いたり皮膚が乾燥したりするのであまりよくないのです。
また、呼吸器官のトラブルの原因となることもあります。

湿度が低いと、うさぎの露出している眼球が乾いてドライアイになり涙が出ることがあります。

また、湿度が低いとウィルスも活発になるので、加湿器を使用したり、濡れたタオルなどを干して適度な湿度を保つようにしましょう。

隙間風に注意!

うさぎにとって大敵なのが、すきま風です。
エアコンなどでお部屋を暖めていても、窓やドアから冷たいすきま風が入ってきていないか注意しましょう。

うさぎの冬の寒さ対策

うさぎの冬の寒さ対策

うさぎの冬の寒さ対策

それでは、うさぎの寒さ対策として具体的には何をしたらいいのでしょうか。

エアコンで室内を暖める

エアコンで室内を暖めることは大切です。

しかし、エアコンの設定温度に頼りすぎると実は落とし穴があります。
エアコンから出る暖かい空気は上へ流れるため、エアコンの設定温度とケージ周りの温度が異なってくるのです。

必ずケージに温度計をつけ、サーキュレータ―などでお部屋の空気を循環させて、ケージ周りがうさぎの快適温度になるようにしてあげてください。

また、うさぎさんのケージに温風が直接当たらないようにしてください。

また、昼と夜の寒暖差にも気をつけましょう。
まず、ケージの置く場所は隙間風があるようなところは避けます。
そして、夜間に暖房を消してしまってお部屋の温度が低くならないように一定温度を保ってあげましょう。

特に、免疫力が低い闘病中のうさぎ、子うさぎ、高齢うさぎは体調管理がうまく出来ないので注意が必要です。

エアコンの設定温度を下げて、日中はカーテンを開けて太陽の光を取り入れ、夜はカーテンで熱が逃げないようにしてください。

ケージを毛布やカバーで覆う

ケージの中に藁でつくったドーム型のおうちなど、寒さから身を守るものを入れるたり、うさぎ用のクッションを置いたり、牧草をケージに敷き詰めて保温材の代わりにするなどのエコな保温もおおすすめです。

 

ケージカバーの注意点!

寒さ対策としてケージに毛布などの布をかぶせている人は多いようです。
我が家も毛布を被せています。

ただ、うさぎが布を引っ張り込み齧って誤飲してしまわないように注意しましょう。
予防対策として、ケージ上にケージの天井より少し大きめの金網や段ボールをのせ、その上に毛布をかけることで、ケージの壁と布との間に隙間が出来ます。
このようにして、うさぎの口が届かないようにしましょう。

またケージ全体を覆うと空気の流れが悪くなりアンモニア臭などがこもりやすくなります。
病気の発生にもつながりますので、換気が悪くならないようにしましょう。

床材

うさぎは床に近い所で生活しているので、床面から温かくしてあげましょう。
わらのマットやうさぎ用マットなどをケージにいれてあげてください。

ペットヒータを設置する

うさぎ用のペットヒーターを置いてあげましょう。

床に置くタイプのペットヒーターやケージ側面に取り付けるペットヒーターなどがあります。

 

低温火傷に注意!

床に置くタイプのペットヒーターは、熱いときに逃げられなかったりして低温やけどになってしまうと大変です。

うさぎは同じところでじっとしていることが多い為、下に敷いているヒーターに長時間接していて低温やけどになる場合があります。

例えば、足をよく舐めることに気づいて足裏を見たら、真っ赤になっていたなどで気づくことが多いです。

必ず逃げる事が出来る場所も作ってあげましょう。

低温やけどをすると、火傷した部分が赤くなったり、ただれたり、毛が抜けることがあります。

また、ペットヒーターを齧って感電してしまう危険な怪我にも注意が必要です。

低温火傷に対する対策
  • 皮膚に接する表面の温度が体温より高くないようにする。
  • 温度調整器(サーモスタット)が故障していないか確認。
  • ヒーターをケージの脇に取り付ける。
  • ケージ内には温かい所と涼しい所を作り、うさぎ自身が移動して調節できるようにする。
  • ヒーターのコードを齧ることがないように保護(コードカバー)をする。
  • 寝たきりのうさぎはヒーターを片側だけにあてるのは避け、体の向きを随時変えてあげる
マイカヒーター(遠赤外線ヒーター)を使う

遠赤外線ヒーターはお値段は少し高いですが、長い目で見るととても経済的です。
からだの芯から温めることが出来ます。
ケージの外に置くので、コードを齧る心配もありません。

 

うさぎの冬のお出かけ

うさぎの冬のお出かけ

うさぎの冬のお出かけ

うさぎにとって冬の外出は、暖房の効いた屋内と外気の温度差が、うさぎの体にとって大きな負担となって体調を崩すことがあります。

外気からうさぎを守るため、キャリー内に温かい毛布やマット、タオルを巻いたカイロ、湯を入れたペットボトルをタオルで巻いたものなどをいれてあげください。

キャリーにもカバーをしてあげましょう。 

まとめ

以上、うさぎの冬の寒さ対策についてまとめてみました。
飼い主さんもうさぎさんも元気にこの冬を乗り越えましょう。

参考になれば幸いです☆