うさぎさんとモフモフな日々

うさぎ歴10年。うさぎさんとの暮らしを書いています。たまに飼い主のことも。。。

うさぎさんがエリザべスカラーを付けている時に気をつけること

こんばんは(^-^)

エリザベスカラーをつけていると、うさぎさんにとって普段の生活とは違い不便なところが出てきます。

今日は、エリザベスカラーを付けている時に気を付けた方がいいポイントをまとめてみました。

 

目次

 

トイレは外す

エリザベスカラーをつけていると、トイレに乗っておしっこやウンチをするのが難しいようです。

獣医さんにも言われましが、ケージ内のトイレは外しておいた方がいいそうです。

トイレに乗っておしっこやウンチが出来ないと、エリザベスカラーを外した後も「トイレが怖い」と考えて、トイレを使わなくなる可能性があるそうです。

 

高いところに上がれないようにする

ケージ内に台などを設置している場合は取り除きましょう。

普段は上がれていても、エリザベスカラーが邪魔になって、うまく上がれず怪我をする場合があります。

また、部屋んぽの時にも高い所に上らないように注意して見てあげていてください。

 

盲腸便が食べれない

盲腸便はうさぎさんにとって、栄養のあるものです。

しかし、エリザベスカラーをつけていると口が肛門に届かず、盲腸便がうまく食べられません。

盲腸便が床に落ちたら、スプーンなどですくって口にもっていってあげると食べてくれます。

落ちた便を自分で食べる場合もあります。

 

エリザベスカラーに盲腸便がついて結構汚れますので、ウェットティッシュなどで拭いてあげましょうね☆

 

まとめ

エリザベスカラーはうさぎさんにとってとてもストレスです。

特につけ始めは慣れないので、とても嫌がりますし、歩くと色々と引っかかったりして怪我をする可能性があり危険です。

しかし、傷口を守るためにも不可欠ですので、しばらくの間は飼い主さんも気をつけてみていてあげましょう。