うさぎさんとモフモフな日々

うさぎ歴15年。うさぎさんとの生活について発信しています。たまに飼い主のことも。。。

うさぎの偽妊娠とは?偽妊娠は何故起こるの?

うさぎの偽妊娠とは?偽妊娠は何故起こるの?

うさぎの偽妊娠とは?偽妊娠は何故起こるの?

こんばんは(^-^)

先日うさぎの発情期の記事で、女の子のうさぎによくある行動で、偽妊娠について触れました。

www.usagitokurasu.blog


発情期を迎えた女の子のうさぎは、偽妊娠を起こすことがあり、中には問題行動となる場合もあります。

ところで、偽妊娠は何故起こるのでしょうか?

目次

うさぎの妊娠

うさぎの妊娠

うさぎの妊娠

うさぎはフェレットや猫と同じく、交尾によって排卵が誘発される「交尾排卵動物」です。

パートナーの男の子うさぎとの交尾後、約10ー13時間で排卵されます。
そのまま受精し妊娠すると、約30日ー33日後に出産となります。

偽妊娠は何故起こるの?

偽妊娠は何故起こるの?

偽妊娠は何故起こるの?

うさぎの偽妊娠は何故起こるのでしょうか?

偽妊娠とは?

偽妊娠とは、いわゆる想像妊娠を同じ意味です。

交尾をしていない、または交尾をしたのに受精していない状況の下で、妊娠のような状態になることを言います。

病気ではなく生理的な問題で、ペットのうさぎに非常に多く認められる状態です。

偽妊娠を起こす原因

実はうさぎが何故偽妊娠を起こすのかは、はっきりとはわかっていませんが、次のようないくつかの原因が考えられます。

  • 交配の失敗、つまり交配したが妊娠しなかった場合
  • 男の子うさぎが女の子うさぎに近づいたり、女の子うさぎ男の子うさぎの存在を感じ取れるような場合
  • 飼い主や何かのおもちゃをパートナーだと思いマウンティングしたりするような場合
  • 他の女の子うさぎにマウンティングされたり、去勢済みの男の子うさぎと交尾した場合

偽妊娠を起こすとどうなる?

偽妊娠を起こすとどうなる?

偽妊娠を起こすとどうなる?

うさぎが偽妊娠を起こすとどのような状態になるのでしょうか?
偽妊娠の期間は通常妊娠期間よりもかなり短く、約15日から18日間続きます。

偽妊娠の状態になったうさぎは、実際の分娩時と同じように、お腹、肉垂(マフマフ)、お尻の部分から自分の毛を抜き、巣作り行動します。

抜いた毛を巣箱やケージの片隅なのに溜め込むうさぎもいますが、毛を抜いただけで満足するうさぎもいます。

いずれにしても、歯を使って毛を抜き取るため毛を飲み込んでしまう可能性もあり、うっ滞の原因になってしまいます。

乳腺が張って実際に母乳が出たり、 縄張り意識が強くなります。

偽妊娠は、年に何度も繰り返したり、高齢になると偽妊娠による乳腺の異形成(正常な細胞とは異なる細胞が出来ること)が見られます。

偽妊娠は自然と収まりますし、病気ではないので治療の必要はありません。
しかし、毛を大量に飲み込んだり、乳腺炎を発症したり、他のうさぎ害が及ぶようであれば対策を考えた方がいいでしょう。


また、毛を抜くと当然その箇所が禿げてしまいますので、よろしくありません。

他には、ご飯を食べなくなったり、気性が荒くなり攻撃的になるうさぎもいます。

避妊手術も考えてみよう

避妊手術も考えてみよう

避妊手術も考えてみよう

偽妊娠を繰り返さないようにする方法は、避妊手術です。

偽妊娠には卵巣などから分泌される性ホルモンが関与しているため、避妊手術を行えば一般的に偽妊娠を繰り返すことはありません。

近年では、うさぎの避妊手術に対して豊富な経験を持つ獣医師も増えてきました。また、適切で質の高い全身麻酔薬や前麻酔薬が使われ、鎮痛処置などが施されるようになり麻酔管理も安全になってきています。

そして、女の子のうさぎは、かなりの高確率で子宮癌や卵巣疾患などの生殖器疾患を発病すると言われているので、避妊手術をすればこれらの生殖器疾患を予防できるといったメリットがあります。

ただし避妊手術は、どうしても全身麻酔をかけなければできないので、麻酔のリスクに関しても考慮しなければなりません。

まず、手術に耐えられる体力があるかどうか、術後のケアもしっかり出来るかどうか、獣医師としっかり相談して納得したうえで手術を行いましょう。

避妊手術を行う以外に、発情抑制剤をの泌乳を抑える薬を使う方法もあるようですが、うさぎで安全に使用できるは関しては分かりません。

避妊手術や去勢手術に関しては下記の記事に詳しく書いていますので、見てくださいね☆

www.usagitokurasu.blog

www.usagitokurasu.blog

まとめ

以上、うさぎの偽妊娠が起こる原因とその対策についてまとめました。

偽妊娠は病気では自然な行動なので治療の必要はありません。
ただ問題行動となる場合は、避妊手術も視野に入れた方がいいかもしれません。

参考になれば幸いです☆